1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポンペイ
2004-09-30 Thu 13:54
 先週、ポンペイの特集番組を見た。
 ポンペイ:AD79年8月24日、約1千年ぶりのヴェスヴィオス火山の大噴火で17時間で滅亡したイタリアの町。
 つい最近、当時の船着場で300体もの白骨遺体が発見され、年代等を調べたらポンペイの災禍を逃 れて来た人達 という事が判ったそうだ。
 火山弾と火砕流に追われ、酸性ガスに襲われて苦しかったんだろうな……と思って見ていたが、この人達はどれも静かで正に眠っている状態。
 断末魔の苦しみ・痛みの念は全く感じられなかった。
 一方、ポンペイ市街で発見された遺体からは、断末魔の苦しみの念が湧いている。
 もがいて苦しんで亡くなった……というイメージばかり伝わってきて、視ている方もナーバスになった。
 同じ災禍に遭いながら、この違いは何だろう?
と思っていると、学者が人々の死因を説明し始めた。
 船着場で亡くなった人達は高温の焔で一瞬で焼かれたので、苦しまず即死。
 ポンペイ市街で亡くなった人達の殆どは、酸性の有毒ガスが死因。
 亡くなった後に念・想いが留まるかは、死因も大きく影響しているんだと、頷いた。
 人の念・想いは、身体を失っても消えないんだなぁ。なるべくなら好い想いを遺したいものです。
スポンサーサイト
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
イメージで浄化
2004-09-22 Wed 13:43
友人宅が陰の気・穢れの吹き溜まりになっている様だ との事で、浄化しに行った。
★ イメージで浄化の続きを読む
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
狐さんいらっしゃい
2004-09-17 Fri 13:38
 千葉県成田山境内の出世稲荷参拝して、小さいお狐様を一対頂いてきた。
 稲荷さんと言うと、昨今のコワイお話では稲荷は罰が当たり易いだの、コックリさんでおかしくなっただのという体験談を聞くけれど、どうしてどうして、とても愛らしい姿の瀬戸製お狐さんじゃないですか。
 出世稲荷前の供え物売店内のお持ち帰り用お狐さん、一目で気に入り即買い。
 稲荷信仰絡みで罰が当たったというのは、
お狐さんうちに来て下さいね、家内安全・商売繁盛宜しくお願いします。
と人に乞われてその家へ行き願い叶える為に色々働いたのに、用が済んだら粗末にされて放ったら かし→罰が当たる・お稲荷さんの眷属:お狐さんが神流れで堕ちて悪さする(一寸語弊があるかな?) というパターンが殆どじゃないだろうか?
 都合の良い時だけ使ってあとはポイかよ!
と腹が立つお狐さんの気持ちも判るなぁ。
 お稲荷さん=狐:コックリさん、この図式で稲荷信仰が誤解されている様な気がするが。お稲荷さんとお狐さんの関係は伏見稲荷大社を見て下さい。
 まともな能力者のいない交霊程危険なものはないですよ。素人集団では様式は真似できても、霊体 の善悪を見極めできるわけないでしょうが。
 見極め以前に、コックリさんで降りて来るモノに良い霊はいない。
 思春期の思い込みの入り易い年代の子達で行われるコックリさん、10円玉や鉛筆が1人で動くのも、
これに霊が入って動いてくれるんだ という、無意識の自己暗示・集団暗示で誰も動かしてないのに勝手に動く様に感じる
という事もとても多いし。
 話は横道に逸れたけど、こちらの出世稲荷はご利益凄いとの事。お狐様、宜しくお願いします。
別窓 | 神社 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
師父出演
2004-09-14 Tue 13:32
 昼間のバラエティー番組に出演中の師父を見て、凄いな~と思った。
 あんな大人数に見られながら人体に気を巡らすって、簡単な様に見えても難しいと思う。
★ 師父出演の続きを読む
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
男女差?
2004-09-13 Mon 13:29
 古い話になるけど、『話を聞かない男・地図が読めない女』という本があった。
 それによると、
 男性は話に解決や結論を求めるけど、女性は話す事自体が目的 という場合がほとんど。
 女性が愚痴を言ってスッキリする傾向がある、というのもこれらしい。
 愚痴を吐けばスッキリする というのは一理あるだろう。
 でも、私自身は解決法・結論も模索する方が多い気がする。考えて模索しても上手い答えが見つからない、という場合は愚痴を言ったりもするけど。
 男性は出口のない愚痴話を聞いていると、何とかして解決方法を探そうとするので、話を聞くにつれて(解決方法がないので)イラついてくるそうだ。
 これ、自分自身に当てはまるかな と思った。
 誰かの愚痴を聞いて意見を求められ、色々アドバイスをしてみたけど、どれも嫌だと却下された場 合、
 じゃあ、どうしたいの?どれもこれも嫌なら、他人に意見を求めないで自分で解決しなさい。
とイラついてしまう。
 自分の意見を蔑ろにされた という気持ちでイラつき倍増。冷たく聞き流すだけになったりする。
 でも、今考えてみると、あの時愚痴を言った人は、
「大変だったね」「判るよ、その気持ち」
と共感して欲しかっただけじゃないだろうか?
 第三者の解説を望んでいたのではなく、単に気持ちを受け止めて欲しかったんだ。
 意見を求める という形で愚痴を話してきたのは、好ましくはなかっただろうけど。
 他人の愚痴を静かに聴くだけって本当に難しい……。愚痴を黙って聴ける人って凄いなぁ と思う。
 上記の本によると、女性は概ね地図を読むのが苦手で方向音痴 とか?私は地図読むの好きで、頭の中に鳥瞰図を描いて現在位置をイメージするのも好き。
 女性脳よりも男性的思考の方が強いのかもしれない。
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。