1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
叱咤激励
2008-10-23 Thu 19:02
 先日、アゲートモーカイトレオパードスキンが気になって購入。
 手持ちのタイガーアイホークスアイと併せて、こんなアイテム(↓)になりました。
叱咤激励
 アゲート種の内、ファイアアゲートバンデットアゲートを使用してます。
「自分を見据えて前向け!恐れるな」
と叱咤激励雰囲気のアイテムになりました。”自分の途は自らで拓け”という後押しらしいです。

 サイト内容、情報が古くなったか?という部分も感じ、記事の要・不要を仕分けています。近日中に纏めて更新する予定です。
スポンサーサイト
別窓 | アイテム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
自燈明
2008-10-19 Sun 23:06
 ここ最近、大祓詞天津祝詞を唱えるの朝が続いている。時折、神社で聞く祝詞が心地良いので、1つ自分でも唱えてみましょうと。
 祝詞を唱えてみると、清々しく穏やかな気分で1日が始まる……そんな気がして心地良い。   
★ 自燈明の続きを読む
別窓 | 惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
良書
2008-10-15 Wed 17:52
 過日の”越えられなくて大変だった事”を何とかしようともがいた時期、何かヒントになる物が欲しくて図書館で本を何冊か借りてみた。
 タイトルだけ見てひょいひょいと選んだ本達だったけど、必要な事ズバリそのものが書かれてあって驚いた。特に感銘を受けた内2冊を一寸紹介です。

 ”許す”というのは私にとってはなかなか大変で、よくスピリチュアル系で耳にする『許しましょう』のフレーズに触れる度、
「許すのは大切だろうけど、この世の中 理不尽が多過ぎる。無残に虐げられても全て許さなきゃならないのだとしたら、許す途とは何と過酷なんだろう」
と反論を唱える程。
 が、↑の著作を読んで”許し”の定義が違う事に気付いた。
★ 良書の続きを読む
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ありがとう
2008-10-12 Sun 00:19
 ここ暫く「有難う」を呟く様にしている。”好い言霊が好いモノ・好い現実を引寄せる、だから気持ちの好い言葉を言いましょう”という情報がスッと心に馴染んで、それに倣って行っている。
 引寄せの法則ついて解ってはいたけれど、あちこち調べると、
「辛い時こそ、好い言霊を使いましょう。それで、好い環境を招き易くなる」
と書いてあり、それを見る度、
自分が辛い時に、好い言葉なんて思い浮かばない。痛いものは痛いのに、それを痛くないフリなんて出来ない。
と文句しか浮かばず、厭な時に好い言霊をなんて考えられない!という具合だった。 
★ ありがとうの続きを読む
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蒼語録
2008-10-09 Thu 18:52
 貴方が貴方で在る事が尊い。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お塩
2008-10-07 Tue 11:20
 穢れ落し・お祓いに塩は付き物です。香典返しにお清めの塩が添えて有る場合が多いですよね、あれも穢れ落しにどうぞ という意味合いです。
 このお清めに利用される塩、精製塩では無効です。「自分はお清めをしたから大丈夫」と不安軽減効果は有っても、本来の穢れを祓うチカラは期待出来ないと考えて下さい。
 お清めには工場で精製された食塩ではなく、天日で作られた塩・岩塩等、古来の製法で成る天然のお塩をどうぞ。
 かなり前に或心霊番組を観ていたら、出演なさっていた霊能者さんが、
「心霊写真はお塩をかけて、こうしてお祓いしましょう」
と、テーブルに置いてあったアジシオ(!)を振り掛けていました。アジシオって、精製塩どころかグルタミン酸ナトリウムも加わった複合調味料なんですが;
 霊的に怖い目に遭った際、アジシオを振り掛けても何の効果も有りません。それなら、気合・気迫で勝つか拍手(かしわで)を打った方が有効です。
 もしも、アジシオや精製塩で悪いモノを退けたら、それは貴方の気迫で勝ったのです。それはそれで好いでしょう、自分の気迫に自信を持ちましょう^^
 と、ここまで書いて気になりましたが……香典返しに添えられてあるお清めお塩、これは天然塩でしょうか??精製塩でなければ好いのですが。
ランキングバナー頷ける箇所等ありましたらクリックどうぞ
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蒼語録
2008-10-06 Mon 18:37
 終ったなら、また始めれば良い。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
慣れが生むモノ
2008-10-04 Sat 02:15
 人は慣れる生き物だなぁと、つくづく思う。以下に書く事は、自分の苦い経験から感じた事です。
 お友達と付き合い始め最初の内は、話したり場をシェアするだけでとても愉しく、気の合う相手と接してるだけで幸せな気分になれる。
 でも、その愉しい一時が日常化してしまうと、シェアするだけで嬉しかった・充分だったハズが、有ってアタリマエのモノになってしまったりする。だって、いつもそうだから。
 そして、”コミュニケーションしていつも愉しい”に対して、特に何の感慨も浮かばなくなったりもする。その人と居て、いつも愉しいから。愉しい一時であるのが普通だから。
 そんな”愉しい”に浸かっていて、何か予想外のショッキングなリアクションを返された際。そのリアクションで愉しい一時では無くなった場合、先ず不満が出る。
「いつもはもっと穏やかに返事してくれるハズが、何でそうなるの?」
と。
 それで、その不満を相手にぶつけようものなら、事態は荒れる。相手の意向を汲む前に自分の苛立ちだけをぶつけるのだから、そりゃ相手も驚くだろうしムッとするだろう。
 本当は感情的にならず冷静に話をするのが望ましいけれど、 お互いが”共に居て愉しくてフツー”認識だったりすると、
「何で不愉快にさせるの!そんなヒトじゃなかったのに!」
と双方意地になって、もう収拾がつかなくなる。だって、今までは一緒で愉しかったんだから。
 ”一緒が愉しい”のが平常になって、共にしてくれる相手への感謝は、すっかり抜け落ちてしまう。
 いや、「私なんかとトモダチで居てくれて……」と卑屈になるのが無難という訳ではなく、それまでの愉しい一時は、決して自分1人で成った訳ではない という事。
 好い友達付き合いは、双方が気配りをして初めて成る。1人だけの努力じゃ成し得ない。
 それを、慣れに任せて忘れてはいけない。
 友達なんだから、自分に合わせてくれるのがトーゼン となってしまったら、傲慢となる。友達なんだから心地良い返事くれてアタリマエとなったら、独善と呼ぶ。
 どちらも慣れが生み易い魔物だが、そんな魔物を心の中に侵入させてはいけない。どうせ心に留め置くなら、”お陰さん”と”有難う”の方が気持ち好い。
 と、ここまで書きながら自分の過去を省みると、本当に恐ろしい……如何に慣れきって、本来は”お蔭さん”のハズが思い上がりに成り下がっていたか、過ぎてみてよく判る。
 ”慣れ”に惑わされない様に、充分に気を付けたいものです。初心忘れるべからず、「お蔭さん」ですよ。
 ランキングバナー共感箇所等ありましたら、クリックどうぞ。
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
刷込み
2008-10-01 Wed 17:17
 誰かに”断る事・断られる事”について、抵抗有りますか? 私は、どっちも一寸抵抗有です^^;
 要らないコト・出来ないコト、これらを、
「うんうん、了解」
と二つ返事で承知は無責任だと思うし、表面上は笑顔で受容れた後に、
「要らないからこっそり棄てちゃおう」
と放棄するのは慇懃無礼になる気がする。提示された物事が不要だったのは事実だろうけど、向けてくれた好意は其処に在るし。
 自分主観で”余計な御世話”と感じた事も、相手にしてみたら”気遣っての好意”かもしれない。
 
★ 刷込みの続きを読む
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。