1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
旧正月
2009-01-26 Mon 18:42
 本日は旧暦元旦という事で、節目毎に御世話になっている久伊豆神社へ行って来ました。久し振りの参拝でしたが、静かで好い神気に満ちていました。
 新暦新年で節目という見方も有ですが、古来から節目とされてきた旧暦元旦より、色んな変革が動き始めそうです。今までツイてなかった場合は「待てば海路の日より有」で、これまで好い事尽くしだった場合は「油断大敵」になる雰囲気。
 何にしても、お蔭さんの気持ちさえ抱いて行けば好いのでは?と。厭な事ばかり続くと気分は落ちるし、「何で自分ばかりが」と不貞腐れたくもなるけどね……そこはグッと堪えて。
 堪えると言っても厭な気持ちを全否定・我慢すれば良い、という事ではなく。厭な気持ちは受け止めるだけに留めて、「ああしたら良かった、こうしてくれたら」云々と思い悩むのを止める という事。
<関連事項はこの辺
 考えるは易く実践は難しいけど、積善陰徳目指して遣って行きたい処です。
ランキングバナー頷ける箇所等ありましたらクリックどうぞ
別窓 | 惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
助けられた……かもしれない
2009-01-23 Fri 19:00
 年末実家帰省中の事。身内の車に同乗中、貰い事故に遭った。
 此方が青信号で交差点通過中、対向車陰から右折のバイクと事故になってしまい、咄嗟の急ブレーキも間に合わずだった。
 が。飛び出したバイクとかなりの衝撃でぶつかったにも関らず、車を運転していた身内・私・相手の3人とも無傷だった。
 事故になってしまったのは災難だけど、よく誰も怪我をしなかったものだと思う。
 年明けて松の内も過ぎた頃か、蝋燭を灯していたらいつもは倒れない・人為的に引っこ抜かないと動かない筈の蝋燭が、パタッと横倒しになった。
 慌てて火を消し敷物が僅かに変色した程度で済んだけれど、一歩間違えたら火事になる処だった。気をつけないといけない……と思っていたら、ふと 神棚の灯明が気になった。
 家人が管理している神棚だけど、気付いた時にと燭台を下げて掃除してみる……あれ?拭いてる手応えが何か変??と燭台を見てみた処、灯芯(蝋燭を挿す所)がグラグラして今にも外れそうになっていた。
 朝、家族全員が神棚挨拶を済ませた後は、出掛ける前のバタバタで誰も気が向かない灯明。灯芯のぐらつきは芯に触れば判るが、単に蝋燭を立てる程度なら判らなかったかもしれない。
 慌てて燭台を直したけど。もし、灯芯の不具合に気付かないままだったら、知らん間に火事になっていたかもしれない。
 この2件は偶然なのか、何処からか護られた結果なのかは判らない。でも、寸での処で難を免れたという気もする。
 何にせよ無事で居られたのは有り難いと、産土神様へ参拝した事だった。
ランキングバナー頷ける箇所等ありましたらクリックどうぞ
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蒼語録
2009-01-09 Fri 10:29
流れのままに在るのと、我欲のままに進むのは 別の事です。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
敬頌新禧
2009-01-07 Wed 17:59
 初詣は検見川神社へ参りました。
 祓戸社(関西の神社ではよく見掛けます)を塞ぐ様にして臨時売店が設置されていたのは一寸残念でしたが、境内は好い気に満ちていました。
検見川神社
 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は閲覧下さり有難うございました、本年も宜しくお願い致します<(_ _)>
 皆様方々、好い年と成ります様に^^
別窓 | 神社 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 碧水庵徒然日記 |