1. 無料アクセス解析

碧水庵徒然日記

一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

渇きの壷

 欲とは、渇きの壷だという。
 生きて行く上で必要不可欠な「欲」や信念を貫き通したい等、「望ましい欲」は有るけれど。食欲も睡眠欲も無くなれば死ぬしかないし、成し遂げたい意欲が無ければ何も出来ないので。
 欲のままに流されて欲を充たす為だけに動き続ければ、終りなき欲が暴走するのだそう。
 名誉欲・自己顕示欲・金銭欲は際限が無く、得れば得る程、「もっともっと」と欲しがる。それで「もっと」手に入っても充たされるコトは無く、より多く と求め続ける。
 入れても入れても充たされないドコロか乾き続ける、欲=渇きの壷とはよく言ったものだ。
 「もっと」と求め続けるよりも、「足るを知る」処を知って、其処から始まるのではないか?
 欲しいモノは沢山あるけど^-^;程々にしておきたい処。
ランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

越えるべからず

 お盆帰省時、車窓から人魂らしいモノを見た。人魂って初めて見たけど、結構早く飛ぶのな。
(私の場合 視覚的に「見える」コトは滅多に無く、イメージが脳内に押し寄せる風に・又は閃く様に「視える」のですよ)
 お盆時期は怪談番組が多くなる。
 己にとって、「霊=身体が無い以外は生きている此方と変わりナシ」認識なので、霊が出た・居た程度は特にどうとも思わない。好いヒトも居れば悪いヒトも居るだろうし、霊=怖い者 とするのは、人間=恐い者扱い と同じに思えるのよな。
 怪談話で嫌だな と思うのは、怪異目当ての肝試し。あっちこっちでも書いたけど、又書いておきます。 
越えるべからず…の続きを読む

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

某古社にて

 先日、某神社へ行った。 
 神社到着時は生憎の大雨だったが、境内に入ったら雨は止み始め、傘要らずの参拝となった。どちらからかのお計らいなのか?有難い事です。
 この神社、平安以前からの古社とかで境内は結構広く、拝殿はかなり立派な建物。これだけ歴史がある古社だと「参拝」ではない観光客も居られる様で、拝殿前は或観光客御一行と彼等のガイド役らしき神職の姿が。
 この世は経済社会なれば神社とて収入や運営を考えねばならん一面も有、観光案内も大事な業務だろうと観光客御一行が退くまで待って居たが。
(経緯を書くとマイナスワード連発になりそうなので略;)
 神社にとって現世利益になる観光客を最優先で、普通の参拝客達は儲けにならんので蔑ろにされましたよ; という出来事。
某古社にて…の続きを読む

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。