1. 無料アクセス解析

碧水庵徒然日記

一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女は土台

 先日見かけたTV番組で、
「女は土台だから、やたらと表に出て回るものじゃない。
土台(女)がしっかり支えて居れば、柱(男)が多少悪くてもちゃんと建つ。
どんなに立派な柱でも、土台が駄目なら建物は倒れちゃうんだよ」
と仰っている老婦人が居られた。本当にその通りだと思う。
 何?「男尊女卑!?」と目くじらを立てなさるな。
 他でも書いたが、此処でもちと書いておきます。
 古事記に於いて、イザナギイザナミの二柱の神が国産みの際、先ずイザナミから動いたら上手く行かず。御伺いを立てた処、
「女性が先に出るものではない」<意訳
という事で、イザナギからとしたら無事成った という故事が在る。
 神道関連書籍に拠ると、『神話=神々伝承に擬えて説いたもの』であるという。↑の二神の遣り取りは、
”男性から先、女性は後から”の方が望ましい・上手く行き易い
という意味だそう。
 これは、女性が「私が先」と出るのはマイナスの方が多い……の意でもあるかな。
 「女は土台」の喩えを「女は舞台裏方」と例えると解り易いか?
 表舞台に建つのは「役者・演じ手」で、道具係や演出家等が「私を見て!」と上演中に自己主張したら舞台は壊れる という。
 女が劣っているから黙って男に従うべき という話ではなく。
 「女性」の性質として。「私が私が!」と表に出過ぎると拙い傾向が有る。「男性を補佐」の方が上手く本領発揮し易い、というお話。
ランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 |

御利益目当ての罠

 ココ暫くのスピリチュアルブームやらで、「神社=パワースポット・御利益が頂ける処」扱い気味が多いです。遠くの神社へ参拝して御神気に触れるコト自体は、それはそれでOKとは思います。
 しかし。
 普段は神社の”ジ”の字も触れず、鎮守様への敬神は0、や先祖供養も無関心。今が良ければ・自分さえ充たされていれば他所はカンケーナシってスタンス。
 神社に関心アリとしても、興味があるのは有名な古社のみ。一番御世話になっている鎮守様へは鼻も引っ掛けない。以前は己も似た様な……だった気が。真にお恥しい限り(_ _(--;(_ _(--;
 そんなんでお年始だけ「幸運や福徳を授けてくれ」と、お願いしても……正神には全く届いてませんぞ。
 御利益御利益~vと願って、聞届けて貰える場合もありますが。
 感謝や敬い・慎みも祓も無く、利己的な事柄を主張して聞届けてくれるのは正神ではない、と留意して下さい。
御利益目当ての罠…の続きを読む

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

神社 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新嘗祭

 昨日は勤労感謝の日、であると同時に新嘗祭
 新嘗祭とは、天皇陛下自ら五穀豊穣の有難さを感謝する日ですな。
 今の日本に在ると「毎日食べられてトーゼン」だけど。「(特別な事情を除き)餓死者が出なくてアタリマエ」な日本とは、大変恵まれた国だと思う。
 天皇陛下は今年御在位20年を迎えられましたな。
 恥ずかしながら、近年まで皇室へは無関心……皇室が2千年続いてるから何だ?と、意に介していなかった。
 だけど、四方拝を知って「これは凄い」と驚嘆し、神道に触れ始め というのもあって、天皇陛下は素晴らしいと思う様になったんよな。
 四方拝で陛下は何を祈念されているかと言うと、
「国と民へ掛かる災いは我が身を通る様に、大難を小難へ変え給え」
と願っている<↑は大雑把な意訳
 もし、同じコトを祈念しろと言われたら、己は出来る胆力も度胸もありません……天皇陛下は本当に凄いです。
 陛下の御在位20周年お祝い及び、皇室に弥栄が在ります様に と、皇帝ダリヤ画像up。
皇帝ダリヤ
 台風襲来時に根元からまっ2つに裂けたりしたものの、見事立ち直って華麗な花を咲かせています^^
ランキングバナー

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 |

感じるままの危うさ

 スピリチュアル系と神道系、両方のサイトを観ていると、真逆だなぁ と思う。
 スピリチュアル系は、
「これからは、素晴らしい霊的に開けた時代になり(中略)感じるコトを大事に・感じたままに行こう」
というニュアンスで綴られているものが多く、神道系サイトでは、
「よく考えて吟味して、易いモノに飛び付かない様に。邪神妖魔の誘惑に掛かってはいけない」
と、熟慮を忘れずにと戒めている。
「特に考えず、感じたままに行くのは危険ですよ、よくよく吟味しましょう」と言う訳ね<神道side
(※ココで言う「神道・神社」は、新興宗教や営利に奔っている神社は除きます)
感じるままの危うさ…の続きを読む

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。