1. 無料アクセス解析

碧水庵徒然日記

一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

退いた訳

 時々、「何でシゴト辞めたの?」と訊かれるけど。
 「何故?」の理由を伝えるのはなかなか難しく……、余り言わないままで来てしまった様な。
 理由は、何処かで書いた様な覚えもあるけれど、ここでも一寸書付けておきます。
 先ずは、魂魄の仕組みからおさらいを。
 人の魂魄は「(私心・欲心・念)」と「魂(公徳心・慈愛)」で成り立っている。
 魄が欲を司るからと言って削除は不能。「何かしたい」と行動の原動力は欲や私心に拠るので、魄が無ければ何1つ出来なくなってしまう。無気力・無関心じゃ、意欲が湧かず何も出来ないのと同じですな。
 魄が好い方に働けば、魂の公徳心を上手く発揮出来るが。ニンゲンは感情の生き物と言う事で、始終 善い事をし続けるなんて不可能。私心や感情は暴走し易いもの。
 だからこそ、如何に魄をコントロールして行くか が課題になってくる。
 魄に「穢れ」が無く、浄化済み状態を純魄と言い、穢れ塗れな状態を濁魄と呼ぶ。純魄で在れば望ましいのは御尤も。
 しかし。
 感情が昂ぶり過ぎる・哂う・罵る・頑固・頑迷・固執・嫉み等も「穢れ」に為る……この世に生きて様々な事象に触れて、何を見ても、
「うんうん、それで良いよ~」
と穏やかに受け流し続けるなんて、大変難しいですよ……。
 己には到底不可能です;見聞きする事全部が「好い事」ではないし、感情的になって「きーっ!」とキレたりもするし……。ホントにお恥しい……;
 と、ハナシが一寸横道に逸れたが。人の魄は濁ってて普通、くらいに思って下され。どんな善人でも純魄は至難の業と踏まえたが好いかも。
 濁魄状態で「霊能力使おう」と念ずれば、「類は友を呼ぶ」「引寄せの法則」の如く似た様な「よろしくないモノ」が集まり易くなり。
 でも、そんな「よろしくないモノ」と霊能力云々念が合致しても、それなりの「事象」は起こすのだそう。これは、産土神様への迷惑行為になるとか?
 ↑は、『幽真界研究』からの受売り。
 「何で迷惑行為になるか?」については、ここでは到底書ききれないので詳しくは御本を読んでみて下さい。山雅房さんへ直接注文なら確実に入手OKだけど、日本の古本屋さんで検索かけると、お安く手に入るかも?
 
   ・web拍手返信・
 9/6 ゴエちょろさん
「願い」も千差万別と思います。
ただ善い事を祈念する方も居れば、他者の不幸を願うヒトも居る……。
「皆の願い通り」には為り難いのでは無いかな?と思います。
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。