FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1つの色
2008-09-02 Tue 12:16
 遅めの夏休みは終了し、9月1日~セッション他再開しています。お休み有難うございました。

 こういう仕事をしていると”何でも簡単に自己解決”と思われがちだけど、何かの拍子にドカンと落ち込む事は結構ある。
 落ち込んだが最後、自分の思考だけで手一杯になり他所には一切気が回らなくなる。そうすると、当然ながら何もかも滞る。
 自分しか見えてない状態だから、他所への配慮は抜け落ちてしまうだろうし、澱みを招いて当たり前だ。
 だが、渦中に居る時はそれは判らず、上手く行かなくて思い通りに解決出来なくて、それを何とかしようともがいて足掻いて。見えてない状態で色々しようとするから、あれこれ動いても上手く行くはずが無く、駄目だった と又 落ち込む。
 こういう時は何を見聞きしても”絶望・駄目・救いは無い”と、悪い一色にしか見えず、周り全てが悪1つで構成されている様な、そんな錯覚に陥る。自分だけが不幸な気になって、自暴自棄になったりする。
 落ち込み真っ最中の時、に訊いても明確なアドバイスは何も無い。自分が悩んでる時に言われるのは、
「思った様にすれば好い」
「自分で決めろ」
この2つだけだ。彼等は此方の選択肢を尊重してるだけなのだが、落ち込みが激しい時はこれすらも判らず”見棄てられた、解って貰えない”と、又 嵌る。
 自分で心情振り返っても、厭らしくてうんざり。そんな時に関わった側は、堪ったものじゃないだろうと思う。迷惑を被った側には判る範囲で謝っているつもりですが、此処でも「済みませんでした」と一礼を。
 そんな具合で一色のモノしか見えてない時期を過ぎると、世の中”絶望・悪い”の一色のみで塗られている訳じゃない、他の一色達が合わさって様々なモノで出来上がっていると気付く。 
 渦中に居る時は辛くて堪らないけど、それが永遠じゃないと判る。どうしたら好いか、どうしたいか”したい事”が自然に浮かんで来る。
 そして、其処から又始める。自分も物事も動き始める。
 今は未だ掴みきれていないが、この”落ち込み・辛さ”は無駄ではなく、何かの気付き・得る事が有ると判るだろうと思う。気付く為の苦痛・こういう道程が必要だった と、何れ判るはず。
 道程は歩いてみないと何処を辿ったのか判らないし、全て後で判る事だと、そう思う。渦中に在る時は「そんな悠長な事言ってないで、今直ぐ教えて欲しい」と思うけどね。
 判る為には一色に囚われていてはいけない。一色に囚われるのも自分なら、他の色に気付くのも自分だ。
 又、落ち込む事は有るだろうし、一色しか見えなくなる場合も有るとは思うけど、自分さえ在れば抜けられる。自分の辿った道程を省みつつ顧みたり、そうして緩々と前へ進もうと思う。
ランキングバナー共感箇所等有れば、クリックどうぞ。
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<蒼語録 | 碧水庵徒然日記 | 霊感お付き合い>>
コメント
★ 同感です
>こういう仕事をしていると”何でも簡単に自己解決”と思われがちだけど

そうなんですよ! 「霊能力がある」=「万能」だと思われちゃうんですよね。

私が離婚したときもそうでした。
「相手が将来、離婚する相手だってわからなかったの?」
って言われた事もあったけど、そんな事は無いですよね。
霊能者が万能だったら、霊能者は皆、幸福な人生を歩んでいるって事になりますから。

私は、離婚の時もそうですが何か問題が起こると「これは自分にとって必要な事象なのだ」「自分に背負えない重荷は来ないはずだから、きっと解決策があるはずだ」と、なるべく前向きに考えるようにしています。
身動きが取れないときでも「今は停滞期なのだ。いずれ道は開けるし、それまで待とう」と考えて行動しています。

今になってみると離婚やその他の出来事も、自分にとって必要な事だったのだと思えます。
渦中にいるときは、それこそ「死にたい」くらいに考えちゃいますけどね。

でも、時折バックが冷たく思える事もありますね。
それでも後から考えると、そのアドバイスがその時の自分にとっての最善の答えだったと気づくんですけど(笑)

霊能者も人間。
試行錯誤しながら少しずつ前に進むのは他の方たちと一緒ですね。

2008-09-03 Wed 13:37 URL | ぴよ2♪ #cGwajgcU[ 内容変更] | top↑
★ こんにちは
こんにちは。
霊能=一寸便利な検索ツールが有る という程度で。
ケータイやPC等の便利なネット機器を持ち合わせていても、それで全部簡単解決とは限らない……これと同じ事だと思います。
得た情報をどう扱うか・どう向き合うかは、1人の人間で出来る範囲でしかありませんし。
霊能者=何でも直ぐ解決 だったら、世の中の悩み事は全部無くなるのでは?と思います。
仮に霊的で全て視通せるとして。
全て判ってる途を辿り続けて全部予定通りに歩くのは、突発的トラブルは無いだろうけれど、充足感や達成感は得られるのか?と疑問です。

>自分にとって必要な事象
>背負えない重荷は来ないはず
>今は停滞期
その通りなんですよね。
向き合い方・捉え方次第で、ダメージは最小限でクリア出来るはずなんですが、渦中に落ち込んでしまうとそれ自体が抜け落ちてしまったりで、もっとしっかりしないと……と思います。

サポート達の言葉の意味も、後になって解る場合の方が多いですね。
「後で解る」
と言われる事も多く、
「後じゃなくて、今直ぐ知りたいんですが」
と求めると、
「今は必要ない」
で終了だったりします。
過ぎてみると、言葉云々ではなくその経験・経過自体が必要だったと判るのですが。

霊能者と言っても特別なものは何も無く(視る技能が有るだけで)、試行錯誤で行くのは同じ事だと再認しました。
2008-09-08 Mon 10:01 URL | shin #/jmCjgiI[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。