FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
高鴨・葛城
2008-11-02 Sun 23:14
 友人に誘われて、奈良の高鴨神社一言主神社へ行って来ました。
↓は、高鴨神社の鳥居です。
 高鴨神社の御祭神は阿治須岐高日子根命事代主・阿治須岐速雄命(アジスキハヤオノミコト)・下照姫命天稚彦命です。
高鴨神社鳥居
 鳥居を潜って直ぐ左側に祓戸社が。此処で参拝前に穢れを落とします。
 祓戸社で祓って頂いた後、手水舎で更にお清め。
 それから社殿へお参りです。今回の高鴨行き前、手持ちの鉱石アイテムでこれは付けないと と感じたのが何点か有り、じゃらじゃら付けて参拝です^^;
 参拝直後、両手一杯サイズの勾玉イメージが降りてきました。これをどう受取ってどう扱えば好いのかは判りませんが、好い感じのイメージを頂けるのは有難いです。
 そして、付けていた鉱石アイテムを見ると、使用前・使用後みたいな艶加減。参拝前と後では、鉱石アイテムの色艶・輝きが全く違っていました。
 鉱石アイテムも一緒に綺麗にして頂いたのでしょうかね?何で色艶増したのか仕組みは判らないまま……”気の所為で綺麗になった様に見えた”説も有ですが、”参拝して綺麗にして頂けた”の方が楽しく有難いので、後者支持で。
 暫く境内でのんびり過ごし、高鴨神社の清々しい神気を満喫。その場で清々しいと体感するだけで、色々清められそうな感じです。
 心身充電後、各摂社に御挨拶して高鴨神社を後にし、バス停までの間に在った風の森神社を訪れる。
風の森神社
 ↑が、風の森神社の御社です。御祭神は志那都比古神、風の神様です。
 大祓詞の一説に、志那都比古神を表したのだろう箇所が有ります。

此く聞食してば罪と言ふ罪は有らじと
科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く
朝の御霧夕の御霧を朝風夕風の吹き掃ふ事の如く
大祓詞より引用)


 大まかに意訳すると、
『この様にお聞き届け下さると、罪という罪は無くなり
風が天の雲々を吹き払う様に
朝夕の霞霧を吹き払う様に』
と、風で穢れが掃き清められる様を示しています。
 科戸の風・志那都比古神、清める・祓う神様なのでしょう。風の森神社には、清々しい風が吹いていました。
 次にバスで向かったのは、葛城・一言主神社です。
葛城一言主神社
 ↑は一言主神社。、御祭神は一言主です。
 葛城一言主神社は、一言願えば願いが叶うと伝えられている為か、お願いをしに来ている参拝者が多かった模様で、願掛けの絵馬が沢山在りました。
 一言主神社は穏やかな気が満ちて、此処もまた気持ちの好い所。境内の大銀杏が見事でした。
 こうして奈良行き1日目は終了。明日は石上神宮大神神社を訪れます。
別窓 | 神社 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<石上・三輪 | 碧水庵徒然日記 | 叱咤激励>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。