FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今更ですが
2008-12-19 Fri 19:27
 元々神社参拝は好きだけど、宗教とは関る気になれず(宗教云々では散々痛い目に遭ったので)神道自体には余り触れて来なかった。神道?宗教云々は勘弁な;と。
 それが、産土神様は大事にした方が と、何となく思い始め。どうも好いらしいよ?と大祓詞奏上を日課にし……此処暫く、神道へと歩み寄っている。
 神社参拝以外にも神道へ関ってみて感じたのは、神道とは非常に懐が深いという事。こんな戒律を厳守しないと護ってくれませんよとか、契約めいた事は無く訳隔てなく接してくれる。
 神は人を見限らず。絶望の余り”神に見棄てられた”と感じたのは、実際は”自分から神を放棄した・思い通りに成らなくて、気に入らなかった”だけではないか?
 神が見放したんじゃなく、人が人に都合の好い様に勝手に解釈して、”救って貰えない・自分だけが辛い”と拗ねて、本来受けている護りに気付けないだけじゃないかと、そう思う。
 さて。今迄は、
「その土地に住まうなら、その土地を護る神様の許可を貰った方が好い」
と、何となく思って、何となく一番近い神社へ挨拶に行ったり。
<賃貸で大家さんへ挨拶に行く様な感覚で、住まわせて頂きます宜しく御願いします と。
 仕事現場の近隣神社へ「御陰様で」と、何となく挨拶したり。
 神社・神道に関しては”何となく”の勘だけで動いてきましたが、大祓詞を続けているのだし、折角だから キチンと御祀りしたいと、神道サイトで正式な家庭祭祀を見てみる。
 『神棚の御札は毎年交換が望ましい』の下りを読んで、わぁ;御免なさい;と謝った。
 この家に越して、お家には神棚が在った方が好いと思って、神棚を設置。家人に祀りを任せてきたが(神棚は、その家の主が祀るもの という慣習があるので)
 我が家の御札は入居以来変えていなかった;毎年2度の大祓で頂く御札は都度交代していたものの、古い神宮大麻御祀りしっ放し;
 別に、古い御札が1年後に紙切れ・板切れ等の無用品になってしまう訳ではない、神札は神札だけど……こりゃイカン;と、本日 新しい御札を買い求めました。
 望ましくは無いやり方で御祀りしていて、大変失礼しました>産土神様
 ”見直し聞き直し給いて”継続中です。
ランキングバナーうんうんと頷ける処等有りましたらクリックどうぞ
別窓 | 惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<不在お知らせ | 碧水庵徒然日記 | ~の為>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。