FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
いいコトバの線引き
2009-06-10 Wed 19:00
 時々、こちらのweb御神籤を引く。迷ったり困ったりした時、そうでない時も気分次第で御神籤をクリック。
大分前に引いて納得した言葉を要約で紹介。

『自分にとって嬉しい言葉・優しい言葉を”良い言葉”と思っていませんか?
その通りだけれど、貴方の事を思えばこそ厳しく指摘したり突き放す人も居ます。
そういう人を”嫌な人”と決め付けてしまうと、学ぶチャンスを失います。
受取りたくない事ほど、遇った瞬間はとても痛いのです』


 自分に都合の好い言動のみを求めて”優しい物事”だけで周りを塗り固めたら、気付く機会を失くしてしまう。イエスマンだけに囲まれている人がどうなるか、ロクな末にならないのは昔からの理。
 昨秋から『幽真界研究』 (出版:山雅房)を読んでいるけど、その中にも類似記事が有った。

『邪神魔霊や魔系狗賓に頼るとたいがいの私利私欲を満たしてくれる。
(中略)祈る対象が邪であればあるほど大きな望みが叶う。
ただ、邪法で実現した夢はいずれ魔界から対価を要求され、代償として命を差し出さなければならない。
(中略)その結果、死後(魔界の)眷属として永遠にこき使われる。
(中略)ねだられるまま子供に金品を与えるとどうにもならない人間に育つ。このような親は邪神や魔物に等しい。
一方、しつけに厳しい親は正神のようなものである。祈願の目的が私欲に走れば邪に陥り、祈願の趣旨が公心に基づけば正善に通じる』
 (『幽真界研究』P275~276より引用)


 自分にとって心地良い場が欲しい・願いが叶って欲しい……誰しもそんなものだとは思う。己も同じで、(自分にとって都合良く)優しくして貰えたらイイのに なんて、ムシのイイコトを思ったり^^;
 「自分にとって優しいコトだけなら心地良い」のは、「Yes」には違いないが。「心地良いのだけが善い」としてはいけないとも思う。
 この春に神社で引いた御神籤には、↓のコトバがあった。

『神を離れた心の隙にいつも悪魔が忍び寄る。
悪魔は、いつも優しい美しい姿をして、心の隙を伺い寄る。目が、鼻が、耳が、口が、肉体が先ず誘われ、惑わされて付いて行く。
神様の清い正しい誠の力に御頼りして其の正体を良く見極め、雄々しく猛く勇ましく、悪魔を祓い退けなければならない』(第十六番御神籤より引用)


 ↑を引き当てた時は、何が悪魔?と首を傾げたけど。自分にとって甘言・都合のいいコトバ=魔の誘惑では? と思う。
 己如き凡俗は、甘言に惹かれる場合多し。警戒してるつもりで居ながら、あんまり甘い尽くしで警戒態勢がグダグダに解けたりする。
 「好いコトバ」と思ったモノが「自分にとって都合の好いコトバ」ではないか、よくよく気をつけたいものだ。

不在時にweb拍手・メッセージ下さった方々、有難うございます。励まされています^^
ランキングバナー
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<夏越大祓 | 碧水庵徒然日記 | 廃止お知らせ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。