FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一験して初めて
2009-10-09 Fri 18:29
「護身の為に武道を習いたい、習えば強くなれるハズ」
という意見を見聞きする。
 武道を習っている立場からすると答えは「NO」
武道習えば強くなれるとか、不審者KO可能なんてモノじゃない。
技を覚えれば不測の事態にどうにかなる と簡単なモノではなく。稽古すればする程、駄目加減を実感する。
護身の為に武道なんて、寧ろ危ない事の方が多いのになぁ。一寸習っただけの方が下手に慢心して逃げ遅れるのですよ……;
やれば誰でも強くなるなんて、ンなコト無いのに。
等と異議悶々になってみて。己も同じだと気付いた。
 「焦点絞って視るコツ」を習う前・習い始めの頃は、
ちゃんと視る技を習得すれば、どういう問題も視てクリア出来るハズ。
視る技さえ覚えれば何だか判らない直感めいたモノが、何でもズバズバ視通す、スゴイ性能向上になる。
なんて、荒唐無稽なコトを考えていたっけ。 
 視るコトが何か全く解っていなかったから、「視る」を凄い・パーフェクトなモノと勘違いし過ぎていたのだと思う。……いやはや、本当にお恥しい限り;
 さて。視るコツを習い覚えた後の己がどう変化したかと言うと。
 一寸便利な検索ツールが増えた・直感プラスアルファになっただけで、些細な事で躓いたり落ち込む、情けない己からは脱却出来ないまま。
 一寸ばかし便利ツールが増えたからと言って、何でもサクサク解決OKなんてモノではなかった。有能を望むコト自体、自分の大元放置で陽徳っぽかったのだと思うけど(-_-;)
 何でも習えばオールOKなんてモンじゃなく。外側から見た”技能イメージ”がどんなに眩しく見えても、見ると触れるじゃ大違い。
 視るも武道も、経験して初めて痛い辛い方が多いと識る。躓いて転んで失敗して色々と痛い事象を積んで、如何に出来ないか?を痛感し次へ繋げて行く。
 「百回聞く」=「一見に過ぎない」 「百回見る」=「一験に過ぎない」 とは、よく言ったものです。一体験と、やった結果は痛いコト多しな現実だけど、己自身に負けるな~;です。
ランキングバナー
別窓 | 感じた事・思った事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<祓と穢れ | 碧水庵徒然日記 | 月は陰也>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。