FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
御利益目当ての罠
2009-11-25 Wed 18:53
 ココ暫くのスピリチュアルブームやらで、「神社=パワースポット・御利益が頂ける処」扱い気味が多いです。遠くの神社へ参拝して御神気に触れるコト自体は、それはそれでOKとは思います。
 しかし。
 普段は神社の”ジ”の字も触れず、鎮守様への敬神は0、や先祖供養も無関心。今が良ければ・自分さえ充たされていれば他所はカンケーナシってスタンス。
 神社に関心アリとしても、興味があるのは有名な古社のみ。一番御世話になっている鎮守様へは鼻も引っ掛けない。以前は己も似た様な……だった気が。真にお恥しい限り(_ _(--;(_ _(--;
 そんなんでお年始だけ「幸運や福徳を授けてくれ」と、お願いしても……正神には全く届いてませんぞ。
 御利益御利益~vと願って、聞届けて貰える場合もありますが。
 感謝や敬い・慎みも祓も無く、利己的な事柄を主張して聞届けてくれるのは正神ではない、と留意して下さい。
 以前、「私利私欲を充たそうとする願いは邪神妖魔へ繋がる」とココで紹介したけれど。
 『幽真界研究』(出版:山雅房)を読み返していると、本当にその通りなんだなぁ と思う。
 判り易い喩えが「引寄せの法則」「類は友を呼ぶ」で。同じ様な思考のヒト・出来事が寄り集まり易い という。
 ……祈念も同じではないかな?
「自分等だけ良けりゃオールOK」
「自分等を充たして欲しい、もっと福を~」
と我欲を主張すれば、そりゃあ碌なモンが来ないのも道理。
「敬神の気持ち0・神様や神社は都合の良い時だけ利用する」=「自分のコトしか考えてない」
という訳で。
 ソレに感応するのは、「ニンゲンは利用するモノ と、自分等の利しかアタマに無い」邪神妖魔。
 普段の心構えをすっ飛ばして、
「ココへ行けばお願いが叶うのねv」
御利益信仰へ奔ったら邪神妖魔と繋がり易い と捉えるのが妥当ではないか?
 邪神妖魔へお願いすれば大概の私利私欲は叶うそうだが、後々の取立て具合はサラ金の比じゃないらしいですからな……。
 「御利益がある神社」という謳い文句は、如何にも宝籤や良縁を引き当てそうに見えるなれど。拙いモンと繋がるリスクの方が遥かに大きいと、よく覚えておいた方が好いです。
 己は、敬神や鎮守様はさておいて「ココは御利益があるから参拝するとイイですよ」と勧める類は、ちと警戒して見てます。
 崇敬社(個人的に崇敬する神社)への参拝も好いけれど、我々ニンゲンが常日頃 一番御世話になっているのは鎮守様ですからな……神道や神社を本当に解っている方なら、
「先ず、鎮守様・産土神様への敬神を忘れずに。慎みを以って」
と仰るハズです。
 そういった事柄は掠りもせず、「~神社は~な御利益が」と勧めるのは……そういうコトなんでしょうな。
 御利益だけを求めるは我利々々を追い求めている、その手の心構えで好い思念が出る筈も無い。
 そんなスタンスで神域に行ったらどうなるか?我利々々で場の気を穢すモノ撒き散らしの、神域汚染ですよ……ホント。
 神域が幾ら穢されたとて神々が瀕死になるコトはありゃしませんが、場が穢されればそれだけ神々と遠く隔たり穢れを好む邪神妖魔が寄り来る。
「皆さんのお願いが叶えば良いと思って」
と善意での御利益信仰お奨めでも、神を遠ざけ邪心妖魔を誘い込むんじゃ本末転倒。「こう書けば売れるから!」と営利目当てやっちゃってるなら、心得違いもイイ処。
 「コレで叶うんですよ」ってコトバ、己にも魅力的に聞こえるけれど……その手に引っ掛からない様に気を付けたいものです。
ランキングバナー
別窓 | 神社 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<女は土台 | 碧水庵徒然日記 | 新嘗祭>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。