FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
一凡俗に拠る、感じた事云々~思う処徒然記。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
女は土台
2009-11-30 Mon 18:20
 先日見かけたTV番組で、
「女は土台だから、やたらと表に出て回るものじゃない。
土台(女)がしっかり支えて居れば、柱(男)が多少悪くてもちゃんと建つ。
どんなに立派な柱でも、土台が駄目なら建物は倒れちゃうんだよ」
と仰っている老婦人が居られた。本当にその通りだと思う。
 何?「男尊女卑!?」と目くじらを立てなさるな。
 他でも書いたが、此処でもちと書いておきます。
 古事記に於いて、イザナギイザナミの二柱の神が国産みの際、先ずイザナミから動いたら上手く行かず。御伺いを立てた処、
「女性が先に出るものではない」<意訳
という事で、イザナギからとしたら無事成った という故事が在る。
 神道関連書籍に拠ると、『神話=神々伝承に擬えて説いたもの』であるという。↑の二神の遣り取りは、
”男性から先、女性は後から”の方が望ましい・上手く行き易い
という意味だそう。
 これは、女性が「私が先」と出るのはマイナスの方が多い……の意でもあるかな。
 「女は土台」の喩えを「女は舞台裏方」と例えると解り易いか?
 表舞台に建つのは「役者・演じ手」で、道具係や演出家等が「私を見て!」と上演中に自己主張したら舞台は壊れる という。
 女が劣っているから黙って男に従うべき という話ではなく。
 「女性」の性質として。「私が私が!」と表に出過ぎると拙い傾向が有る。「男性を補佐」の方が上手く本領発揮し易い、というお話。
ランキングバナー
別窓 | 惟神 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<見得る階 | 碧水庵徒然日記 | 御利益目当ての罠>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 碧水庵徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。